トップ > 九度山・真田ミュージアム > 九度山・真田ミュージアム 館内案内

館内のご案内

九度山・真田ミュージアム 館内案内

昌幸・幸村・大助
九度山・真田三代の物語

九度山・真田ミュージアム

ここは、 真田昌幸・幸村・大助(親と子と孫)三代の物語を長く後世へと語り継ぐことを目的とした施設です。

昌幸は、信濃国上田城(現・長野県上田市)を本拠地に、智謀の限りをつくして戦国時代を生き抜いた武将です。徳川の大軍を2度まで破り、関ケ原の戦いの後、ここ九度山で雌伏の時を過ごしながら天下の動静に目を配り、再び己の実力を世に問う機会が訪れるのをひたすら待ち続けました。

幸村は父昌幸に軍略を授けられるとともに、上杉家や豊臣家で人質となった機会に、上杉景勝の家老を務めた直江兼続や豊臣秀吉から多くのことを学びました。
大坂夏の陣では、 徳川家康の本陣にまで斬り込んで、家康をあと一歩のところまで追い詰め、敵の徳川方からも、「日本一の兵(つわもの)」と絶賛されました。
大助は九度山で生まれ、父と共に大坂の陣を戦い、主君・豊臣秀頼と運命を共にしました。
戦国末期に生きた真田三代の軌跡を体感してください。

 

館内図

館内イメージ図

エントランス

九度山真田三代、真田昌幸・幸村・大助が、甲冑姿で来場者をお迎えします。
幸村と大助の甲冑は、武勇随ーと認められた武将とその部隊にのみ着用が許され、大坂夏の陣図屏風にも描かれて真田隊の代名詞ともなった「赤備え」を再現し、その由来と共に紹介しています。

上田時代

甲斐の虎・武田信玄の側近に仕えた真田昌幸は、武田家滅亡後、武田の遺領を狙う、徳川、北条、上杉の大勢力に囲まれながら上田城を拠点に、小さいながらも独立した戦国大名としての歩みを始めます。やがて、領地争いから起こった第一次上田合戦で徳川の大軍を撃退。その後、天下統一を果たした豊臣秀吉に臣従し、秀吉亡き後、天下を狙う徳川家康と再び対立します。戦乱の時代を神算鬼謀によってしたたかに生き抜いた昌幸の上田時代を書簡や史料で解説します。

九度山時代

「関ケ原の戦い」で、西軍に与した昌幸(父)と幸村(次男)父子は、 上田合戦の戦いぶりを恐れた家康から処刑されるところでしたが、東軍に与した信之(長男)の懸命の嘆願によって、高野山での蟄居を命じられます。数名の近臣とともに高野山に送られた父子は、ほどなく九度山村に落ち着くことになります。しかし、苦しい蟄居生活の中でも、真田父子は武士としての誇りを捨てることなく真田紐の製作と行商を通じて諸国の動静を注視していたとされています。九度山における「雌伏の日々」を史料と映像で紹介します。

大坂の陣

秀吉亡き後、江戸に幕府を開いた徳川家康は大坂城を拠点に依然大きな影響力をもつ豊臣秀頼に巨従を迫りますが、豊臣方は拒否。家康は、豊臣家を滅ぼすために戦を仕掛けます。世に云う大坂の陣です。九度山の真田幸村の元にも、秀頼から加勢を要請する密使が訪れ、快諾した幸村は、監視の目をかいくぐり大坂城へと入城します。後世、「日本一の兵(つわもの)」と讃えられた幸村の戦いぶりを「大坂夏の陣屏風」や「大坂の陣合戦解説動画」を使って詳しく解説します。

九度山異聞

昌幸、幸村父子の九度山配流の14年間を、残された書状から読み解くと苦しい生活と老いていく様子が随所に伺えます。しかし、一方で忍びを使い全国に真田紐の行商を行い、各地の大名たちの動向や豊臣や徳川の動きを探っていたとも言われています。それはやがて訪れる両者の対決を真田父子が予測していたというのです。はたしてその真実は?この部屋では、決して表に現れることのない九度山における真田父子の闇にまぎれた庵生活を楽しんでください。

真田伝説

江戸時代、昌幸、幸村、大助の真田三代の活躍は、軍記物や講談として盛んに創作されます。幸村が主君に命を捧げて最後まで戦った行動が封建社会において最も尊ぶべき「忠義」を体現していたからでした。 幸村は徳川家康に果敢に挑む英雄的武将として語られるようになり、庶民にも広く知られる存在となっていきます。
江戸時代 、ヒーローとして庶民の喝采を浴びた真田三代の綿絵や書物を見ることができます。

十勇士伝説

真田幸村に仕えたとされる10人の異能の戦士たち。真田十勇士はあくまで伝承上の架空の人物とされていますが、歴史的な由来を持つ人物もいることから、実在を唱える説、実在の人物がモデルであるとする説もあります。十勇士の人物紹介と九度山で生まれた大助が十勇士に鍛えられてひとりの武士に育っていく様子が、コミカルなオリジナルミュージカルアニメで楽しめます。

企画展示室

大坂の陣・豊臣方の武将たち展」を開催

企画展示室にて、2017年4月1日より7月9日まで「大坂の陣・豊臣方の武将たち展(第1期)」を開催いたします。
7月14日から9月10日までは「落第忍者乱太郎と真田十勇士展」、その後、9月13日から2018年3月25日までは「大坂の陣・豊臣方の武将たち展(第2期)」を開催予定です。

最終更新日:2017428
上に戻る

Copyright © Kudoyama town All rights reserved.